書き方のルール

まず、文章を書くにはルールがあります。「。」の句 点「、」の読点ですが、付け方は意外に難しく読点は句点と違って特別なきまりがなく、文章を分かりやすくするために、リズムや流れをつけるために読点を打つのです。普通は文節ごとに打つのですが、文節をどこにするかは著者次第となること多いのです。

読点が多すぎてしまうと文章が途切れ途切れになってしまい、また少なすぎると文章が長文となってしまいます。

このコツは書いているうちに文章のリズムをつかめるので、そのリズムに合わせて読点が打てるようになると、読者が楽しみながら読めるリズムに乗ることができるのです。

文章の段落を変えるときは、一文字スペースを空けて書き始めるのは誰もが知っていることですが、文章中にセリフを書くときは、カッコをつけて文章の中に入れるときも同様に段落を変える必要があります。

段落一つ一つが長すぎてしまうと文章の間があき、なんとなくしまりが悪くなってしまいがちです。段落の役割はドラマや映画でいうなら1カットになります。そのカットが段落を変えることと同じなのです。

段落を変えることで読者の目線が切り替わります。

おおよそ5行くらいを1段落にまとめて、少しずつ話に変化を持たせることで、読者も楽しみながら本の中へと入っていくことができます。段落とは、それだけ大きな役割を果たしているのです。

まとめになりますが、内容の面白さを引き出すには、文章を魅力的にさせるために主語述語を、はっきりさせた短めの文を心掛けて読みやすくし、なるべく誰にでも分かるやさしい言葉を用いて、接続詞をなるべく避けながら、段落を上手く使える文章が書けることが理想と言えるでしょう。

筆者について

admin

記事を表示 →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です