原稿の適量なページ数とは

本題である原稿を書くところまできましたら…。疑問として、どのくらいの量を書けばよいのかとなやんでしまうかもしれませんが、始めから何百枚などページ数を決めて書き始めるのではなく、四百字詰め原稿用紙で自由に書いてみるとよいです。

自分の納得いく原稿を書き上げた後にその原稿のページ数を数えてみてください。それがその本の適正なページ数となるのです。

無理に何百枚以上の原稿を書かなくてはならないなんて思う必要はありません。むしろ何かに合わせない方が良いのです。

原稿枚数を意識してしまうあまり、本当に大事な部分を疎かにしてしまい

内容の厚みが欠けてしまうおそれも出てきます。

とはいえ読者からすると適当なページ数と思える量があることも事実です。

例えば、素人の作家として出版するとして、いきなり大量のページ数の小説を読者に読んでもらうとなると、読者側も読んでいる途中で苦痛と感じてしまうかもしれません。

本の内容などによって異なりますが、読者側とすると三百ページを超えてくると本に対して重みを感じてくるようです。

それでは適度なページ数はというと二百ページ前後といわれており、多くの本がこのくらいのページ数で出版されています。かといって少なすぎてもいけません。

百ページを下回ってしまうと逆に読者が物足りなさを感じてしまうのです。

書きたいと思うことを文章で読者に伝えようとすると、思いのほか作業に手が掛り簡単なことではありません。どうしたらこの本を一人でも多くの読者に読んでもらえるように仕上げるか、あれこれしているうちに予想以上のページ数を書いてしまうこともあります。

大事なのは書きたいこと、すなわち内容を十分意識して書ければそれでよいのです。

筆者について

admin

記事を表示 →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です