オフセット印刷

平版印刷という、版自体に凹凸をつけず、水と油の反発性を利用した方式の中でも、代表的な印刷方式としてオフセット印刷があります。
オフセット( OFF-SET ) とは、「付けて離す」という意昧で、印刷方式の仕組みをそのまま表現しています。
つまり、版を直に紙に転写するのではなく、 版に付けたインクを一度、ブランケットという部分に転写( OFF )してから、紙に転写( SET )するという仕組みです。

オフセットの印刷機は大きく2種類あって、1つは1枚1枚が切り離されている枚葉紙をセットして印刷する方法と、もう一つは巻取り紙をセットして印刷する方法で、後者の方式をオフセット輪転印刷(オフ輪)と呼んでいます。

オフ輸は枚葉印刷よりは数倍の高速で連続的に印刷できるので、新聞、折込みチラシなど短時間で大量の部 数が必要な印刷に適しています。また、折りなどの後加工もインラインで行えることから、印刷工程の省力化に効果を発揮しています。

筆者について

admin

記事を表示 →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です