活版印刷の歴史

ルネサンス時代に、 三大発明と呼ばれた「火薬」「羅針 盤」「印 刷術」は、いずれもルーツは中国でした。木版が ヨーロッパに伝わったのは 14世紀頃で聖書などの出版 に応用されていました。
活版印刷は、ハンコや版画と同じ原理で、版の形状が 側面か ら見て凸状になっていることから、凸版印刷とも 呼ばれています。
木版刷りが 一枚の板からできているのに対して、活版印刷の場合は文字が 一文字ずつ活字でできていて、組み終わった文字は印刷後バラバラに戻して再度別の版で 利用されます

筆者について

admin

記事を表示 →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です